セラミックとジルコニアの共通する特徴ついて

 

 

内田歯科医院 院長内田祐輔です!!

本日は被せ物について書かせていただきます😊

銀歯と違って白くて見た目が良いセラミックやジルコニア。それぞれ異なる特徴がありますが、共通している特徴もあります。

 

汚れが付きにくい

金属アレルギーの心配が無い

保険が効かない

 

銀歯は数年の使用で錆びたり劣化したりします。これによりできた隙間から細菌が入り込み、銀歯の下でむし歯が進行することも少なくありません。それに対してセラミックやジルコニアは、素材の表面がツルツルしており汚れが付きにくいだけでなく、変色も起こりにくいです。

 

また銀歯は使用中に金属イオンが溶け出し、唾液と一緒に飲み続けることで金属アレルギーを発症する可能性があります。それに対してセラミックやジルコニアは金属を使用しておらず、金属アレルギーの心配がありません。元々金属アレルギーをお持ちの方でも、安心して使用することができます。

 

なお銀歯は保険が効きますが、セラミックやジルコニアは保険が効きません。そのため治療費は全額自己負担となります。これらがセラミックとジルコニアの共通点です。

もし、ご興味ありましたらいつでも質問なさってください😌