投稿者「admin」のアーカイブ

新しい設備について

院長 内田祐輔です!!

当院では、最新の口腔内スキャナー「トリオス」を導入しました。

むし歯の治療や入れ歯を作るときなど、歯科医院で「歯の型取り」をした経験はありますか?以前までは歯の型取りを、柔らかい粘土のような材料を使って行なっていました。経験のある方はご存知の通り、不快感があったり吐き気をもよおしたりする方もいます。また材料が固まるまでの一定時間、動かないでじっとしていなくてはならないのが従来の方法でした。

しかし最新の口腔内スキャナー「トリオス」を使えば、これらの問題は一気に解決されます。

<トリオスのメリット>
・患者さんが不快感を感じにくい
・嘔吐反射のある方でも安心
・短時間で歯の型取りが終わる
など

採った歯型はその場でデータ化されるため、すぐに共有し被せ物などの製作に入ることができます。
また従来の方法では、採った歯型を見ても患者さんは状況を把握しづらいのが難点でした。それに対して、トリオスで採った歯型のデータはフルカラーかつ3D。患者さんもデータを見て確認したり把握したりしやすいのも嬉しい点ですね。

本日休診

院長 内田祐輔です。

患者さんにさらに良い治療が出来る様に本日勉強会に出席させていただいております。

痛みなどありましたら留守番電話にお入れください。

こちらから電話をかけ直させていただきます。

よろしくお願いします。

治療前のうがいについて

内田歯科医院 院長 内田祐輔です。

連日、まだコロナウィルスで不安な日々が続きますが体調など崩されていませんか?

当院では歯科治療の前にうがいをしていただいています。

この薬剤はリステリン®といって、ドラックストアでも販売しているものです。

3179c104642670f19687071cdb31b422-210x300.jpg

このリステリンは洗口液の先駆けであり、歴史がながいものです。

正しいうがいの仕方は原液を口に含み30秒ほど、すすいでから吐き出します。

人によっては刺激が・・・というかたのためにノンアルコールタイプもご用意しています。

これを1日2回おこなうだけでプラーク(歯垢)のない部分が約5倍に健康な部位が約2倍になるというデータがあり、歯周病の予防に効果的と言われています。

また最近、口臭が気になる方も多いですが、

口臭の原因菌に対しても約3時間にわたって持続的に効果を示したという報告もあります。

また、歯科治療は治療中にお口の細菌が外に放出されます。 

当院では口腔外バキュームを使うこともありますが、

以下の論文によるとリステリンでうがいすることによって

他の薬剤に比べ80%ほど空中浮遊菌を減少されると報告されています。

そのような理由で歯科治療前にうがいしていただいておりますので

ご理解の程宜しくお願い致します。

3179c104642670f19687071cdb31b422-1-300x204.jpg

そして、リステリンはグラム陽性菌や陰性菌、真菌

HVS(単純ヘルペス)インフルエンザウイルスやなどを含む

ウイルスに対しても30秒以内に殺菌または不活性することが証明されています。

コロナウィルスには分かりませんが、有効性である可能性はあります。

これだけ、メリットがある洗口液、歯科医院だけでなくお家で使うこともオススメします。

もちろん、歯ブラシもしっかりお願いします!

それが歯科の基本です。

今回は洗口液の威力というお話でした。

2歳未満のマスクについて

内田歯科医院 院長 内田祐輔です!

乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります。

乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓への負担になります。

マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まるったり、マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まったり、顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる
など乳児に対する影響が心配されます。


★世界の新型コロナウイルス小児感染症からつぎのような点が わかってきました。


・子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である ・子どもの重症例はきわめて少ない

・学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない ・感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、
母子感染はまれです。 子どもの新型コロナウイルス感染症は今のところ心配が少ないようです。
2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう

診療前の洗口について

内田歯科医院では、診療前に「リステリン」または「イソジン」でのうがいをみなさんにお願いしています。

リステリンとイソジンは、口の中の殺菌消毒をする効果のある洗口液で、新型コロナウイルス感染対策として当院で活用をしています。

来院時での手洗い・検温・洗口液によるうがいに引き続きご協力お願いいたします!

※当院でのリステリンとイソジンの販売はしておりませんのでよろしくお願い致します。

非常事態宣言解除に伴い

先日緊急事態宣言が解除され、ようやく明るい兆しが見えはじめてまいりました!
しかし、一方で制限も残っていたり、まだ感染者が微増するなど不安な日々を送られていることかと思います。

4月より定期健診などの延期をお願いしてまいりましたが、6/1より徐々に歯周病のメンテナンスやお子様のフッ素塗布などの定期健診を再開いたします。

6月中は待合室が混雑しないように予約枠を制限させていただいておりますのでご協力のほどよろしくお願い致します。

もちろん先月までと同様、それ以上に感染対策は継続させていきたいと思いますので、安心してご来院下さい。

もし来院されるのが不安なようであれば、7月以降に延期していただいても大丈夫です。
しかし、歯周病のメンテナンス延期により、歯周病が進行する可能性もあります。

また家にいる時間が増えることにより間食が増え、お子様の虫歯が増える傾向にありますので、どこか気になる部分がある場合は、 自己判断せずお気軽にご相談ください!!

(緊急事態宣言延長に伴う当院の方針について)

今般のコロナウイルス感染拡大をうけ、地域の皆様も不安な日々を送られていることかと思います。

四月より当院では、院内感染対策を十分にした上で歯科治療を行っております。

定期健診など緊急性が少ないと考えられる治療は延期をお願いしてまいりました。

定期健診の方、フッ素塗布のお子様など、ご来院されるのがご心配なようでしたら、6月以降に延期していただいても大丈夫ですのでご連絡ください。

ただ、どこか気になる部分があったりしますと、時間が経つにつれて悪化する可能性もありますので、お問い合わせ下さい!

ご不便おかけして申し訳ございませんが、何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。

緊急事態宣言に伴う当院の方針について

4/7に発令された緊急事態宣言を受け、地域の皆様も不安な日々を送られていることかと思います。
厚労省より「定期検診など緊急性が少ないと考えられる治療は延期を検討すること、また歯科治療も応急処置にとどめるなど考慮願いたい」との通達がありました。

それを受けまして、受診される患者様へ当院の感染対策のお知らせとお願いがございます。

【当院の感染対策】
①使用するグローブやコップなどは使い捨てのディスポーザブル製を利用しています。
②治療器具は全て厳重な管理のもと滅菌処理をして利用します。
③治療毎にユニット周りのアルコール消毒・清拭を行っています。
④常時換気とドアノブの消毒を行っております。
⑤エアロゾルの発生する切削器具(タービン、超音波器具)を基本的に不使用で行います。

【患者様にご協力いただきたいこと】
①厚労省からの通達に従い、不要不急の治療、緊急性の少ない治療の延期をお願いしておりますので、ご協力ください。
②追加の問診表を準備しておりますので、当日ご記入ください
③二週間以内に渡航歴のある方、集団での会食、カラオケなどの密閉空間のご利用のある方は受診をお控え下さい。
④37.5℃以上の発熱や咳、だるさなどの症状がある間は受診をお控えください。ご家族に同様の症状がある方も同じくお控え下さい。
⑤消毒液を受付に設置してありますので、来院の際に必ず手指の消毒にご利用ください。
⑥待合室ではマスクをご持参の上、着用ください。
⑦ドクター、スタッフともマスク着用のままご説明などをさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、事情をご賢察のうえ、ご協力の程宜しくお願い致します。当院では普段以上に院内感染対策を徹底しておりますので、安心してご来院くださいませ。

おはようございます。

春の訪れを感じる昨今ですが、ご存知のように新型コロナウィルス感染症の影響が各方面に出ております。

私が所属している、相模原歯科医師会にも相模原市の要請もあり本会の行事、会議、特に人が集まる行事は中止・延期となっております。

皆様も手洗いやマスクの装着、免疫力を落とさないような生活を送るなど基本的な対応を心がけるようになさってください。

内田歯科医院は感染対策をしっかりし、早い収束を願っております。