未分類」カテゴリーアーカイブ

歯周病について①

内田歯科医院 内田祐輔です!!

今回は歯周病について少し書かせていただきます。

皆さんペリオロジーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「ペリオロジー」とは、歯周病に関する学問、歯周病学という意味です。歯周病は英語で「Periodontal disease」、これに〜学という意味の「logy」が組み合わさってできた言葉です。

そもそも歯周病とは歯ぐきに炎症が起きている状態のことで、進行すると歯が揺れたり自然に抜けてしまったりする病気です。歯周病の症状には以下のようなものがあります。

歯ぐきが赤く腫れる

歯ぐきから血が出る

歯ぐきがむずがゆい

歯が揺れる

口臭が起こる

歯並びが変わる など

歯周病の原因は歯垢(プラーク)に含まれる細菌です。歯垢は歯にべったりくっ付いていて、歯ブラシ等でしっかりこすらないと取ることができません。歯磨きで落とし切れなかった歯垢はいずれ固い歯石となり、歯ブラシでは落とせなくなります。その他歯周病の原因としては、食習慣や生活習慣、喫煙、ストレス等が挙げられます。

歯周病はむし歯と違って痛みが出にくく、自覚しづらい病気であるため、気付いたころには手遅れになっていた・・・なんてことも。「痛くなったら治療すれば良いや」「歯が抜けてもインプラントにすれば良い」などと安易に考えていては危険です。

もし、今あげたことに心当たりがある方は当院にご相談ください!

虫歯について

内田歯科医院 院長  内田祐輔です!

「カリオロジー」という言葉をご存知でしょうか。

歯科業界ではむし歯のことを「カリエス」と呼びますが、それと学問という意味の「オロジー」が組み合わさったのがカリオロジーです。つまりカリオロジーとは、むし歯に関する学問、むし歯学といった意味です。

むし歯があるから治療をする、痛くなったら来院してもらうというだけでは、カリオロジーに基づいた治療とは言えません。

むし歯は歯磨き習慣だけでなく食生活や生活習慣、お口の中の細菌数、唾液の性状、遺伝的要因などさまざまな要素が組み合わさった結果できるものです。

むし歯の原因はどこにあるのか、カウンセリングやさまざまな検査を通して総合的に判断し、患者さま一人ひとりに合った方法で対処していくのがカリオロジーをもとにしたむし歯治療です。

できる限り痛い思いをせず、生まれもった自分の歯を有効活用するためには、自分に合った方法でむし歯を予防することが大切です。

もし、虫歯の予防についてご質問ありましたらいつでもお気軽に聞いてみてください😊

新しい設備について

院長 内田祐輔です!!

当院では、最新の口腔内スキャナー「トリオス」を導入しました。

むし歯の治療や入れ歯を作るときなど、歯科医院で「歯の型取り」をした経験はありますか?以前までは歯の型取りを、柔らかい粘土のような材料を使って行なっていました。経験のある方はご存知の通り、不快感があったり吐き気をもよおしたりする方もいます。また材料が固まるまでの一定時間、動かないでじっとしていなくてはならないのが従来の方法でした。

しかし最新の口腔内スキャナー「トリオス」を使えば、これらの問題は一気に解決されます。

<トリオスのメリット>
・患者さんが不快感を感じにくい
・嘔吐反射のある方でも安心
・短時間で歯の型取りが終わる
など

採った歯型はその場でデータ化されるため、すぐに共有し被せ物などの製作に入ることができます。
また従来の方法では、採った歯型を見ても患者さんは状況を把握しづらいのが難点でした。それに対して、トリオスで採った歯型のデータはフルカラーかつ3D。患者さんもデータを見て確認したり把握したりしやすいのも嬉しい点ですね。

本日休診

院長 内田祐輔です。

患者さんにさらに良い治療が出来る様に本日勉強会に出席させていただいております。

痛みなどありましたら留守番電話にお入れください。

こちらから電話をかけ直させていただきます。

よろしくお願いします。

治療前のうがいについて

内田歯科医院 院長 内田祐輔です。

連日、まだコロナウィルスで不安な日々が続きますが体調など崩されていませんか?

当院では歯科治療の前にうがいをしていただいています。

この薬剤はリステリン®といって、ドラックストアでも販売しているものです。

3179c104642670f19687071cdb31b422-210x300.jpg

このリステリンは洗口液の先駆けであり、歴史がながいものです。

正しいうがいの仕方は原液を口に含み30秒ほど、すすいでから吐き出します。

人によっては刺激が・・・というかたのためにノンアルコールタイプもご用意しています。

これを1日2回おこなうだけでプラーク(歯垢)のない部分が約5倍に健康な部位が約2倍になるというデータがあり、歯周病の予防に効果的と言われています。

また最近、口臭が気になる方も多いですが、

口臭の原因菌に対しても約3時間にわたって持続的に効果を示したという報告もあります。

また、歯科治療は治療中にお口の細菌が外に放出されます。 

当院では口腔外バキュームを使うこともありますが、

以下の論文によるとリステリンでうがいすることによって

他の薬剤に比べ80%ほど空中浮遊菌を減少されると報告されています。

そのような理由で歯科治療前にうがいしていただいておりますので

ご理解の程宜しくお願い致します。

3179c104642670f19687071cdb31b422-1-300x204.jpg

そして、リステリンはグラム陽性菌や陰性菌、真菌

HVS(単純ヘルペス)インフルエンザウイルスやなどを含む

ウイルスに対しても30秒以内に殺菌または不活性することが証明されています。

コロナウィルスには分かりませんが、有効性である可能性はあります。

これだけ、メリットがある洗口液、歯科医院だけでなくお家で使うこともオススメします。

もちろん、歯ブラシもしっかりお願いします!

それが歯科の基本です。

今回は洗口液の威力というお話でした。

2歳未満のマスクについて

内田歯科医院 院長 内田祐輔です!

乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります。

乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓への負担になります。

マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まるったり、マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まったり、顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる
など乳児に対する影響が心配されます。


★世界の新型コロナウイルス小児感染症からつぎのような点が わかってきました。


・子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である ・子どもの重症例はきわめて少ない

・学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない ・感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく、
母子感染はまれです。 子どもの新型コロナウイルス感染症は今のところ心配が少ないようです。
2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう

診療前の洗口について

内田歯科医院では、診療前に「リステリン」または「イソジン」でのうがいをみなさんにお願いしています。

リステリンとイソジンは、口の中の殺菌消毒をする効果のある洗口液で、新型コロナウイルス感染対策として当院で活用をしています。

来院時での手洗い・検温・洗口液によるうがいに引き続きご協力お願いいたします!

※当院でのリステリンとイソジンの販売はしておりませんのでよろしくお願い致します。

非常事態宣言解除に伴い

先日緊急事態宣言が解除され、ようやく明るい兆しが見えはじめてまいりました!
しかし、一方で制限も残っていたり、まだ感染者が微増するなど不安な日々を送られていることかと思います。

4月より定期健診などの延期をお願いしてまいりましたが、6/1より徐々に歯周病のメンテナンスやお子様のフッ素塗布などの定期健診を再開いたします。

6月中は待合室が混雑しないように予約枠を制限させていただいておりますのでご協力のほどよろしくお願い致します。

もちろん先月までと同様、それ以上に感染対策は継続させていきたいと思いますので、安心してご来院下さい。

もし来院されるのが不安なようであれば、7月以降に延期していただいても大丈夫です。
しかし、歯周病のメンテナンス延期により、歯周病が進行する可能性もあります。

また家にいる時間が増えることにより間食が増え、お子様の虫歯が増える傾向にありますので、どこか気になる部分がある場合は、 自己判断せずお気軽にご相談ください!!

(緊急事態宣言延長に伴う当院の方針について)

今般のコロナウイルス感染拡大をうけ、地域の皆様も不安な日々を送られていることかと思います。

四月より当院では、院内感染対策を十分にした上で歯科治療を行っております。

定期健診など緊急性が少ないと考えられる治療は延期をお願いしてまいりました。

定期健診の方、フッ素塗布のお子様など、ご来院されるのがご心配なようでしたら、6月以降に延期していただいても大丈夫ですのでご連絡ください。

ただ、どこか気になる部分があったりしますと、時間が経つにつれて悪化する可能性もありますので、お問い合わせ下さい!

ご不便おかけして申し訳ございませんが、何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。