内田歯科医院

小児歯科

小児歯科とは

医院によっては、嫌がる子供を拘束して治療を進めたりすることもあります。これも1つの治療法ではあります。どうしても治療をしなければならない状態になっている場合は仕方がないのかもしれません。

しかし、当院ではそのような治療体制はとっておりません。お子さんも1人の人格を持った人間です。ムリムリ治療をすれば嫌に決まっていますし、その時の思いが残り続け、歯医者嫌いになってしまっては 本末転倒です。詳しくは予防歯科をご覧いただきたいのですが、毎日の歯磨きだけでは、虫歯・歯周病を予防することはできません。毎日の歯磨きと、定期的な歯科医院でのクリーニングを行う事ではじめて予防が確立します。

つまり、歯医者嫌いになってしまうと歯を守るための両輪の1つが抜けてしまうので、将来的に虫歯・歯周病で歯を失う可能性は大きくなってしまうのです。お子様でも、しっかりコミュニケーションをとることで、理解を示してくれ治療に協力してくれるようになるものです。

ご存知ですか!?口腔機能発達不全症

口腔機能発達不全症とは

口腔機能発達不全症は、
・食べる
・飲みこむ
・呼吸する
・話す
など、お口の機能の発達が不十分だったり、正常に機能することができていない小児(15歳未満)に診断されます。

主な特徴

例えばこんなこと、ありませんか?
このような習慣がお子様に見られる場合、口腔機能発達不全症と診断される可能性があります。
□ 口呼吸している(口がぽかんと開いている)
□ 舌を出す
□ 指をよくしゃぶる
□ 頬杖つく
□ 唇をかむ
□ いびきをかく

もたらす影響
口呼吸は口の中の乾燥・唾液量の低下の元ですので、虫歯や歯周病になるリスクを高めます。歯並びにも悪影響が出ます。

改善のためのトレーニング
口腔機能発達不全症は、お口の筋機能療法トレーニング(MFT)を行うことで改善させます。MFTでは、口呼吸や舌の動きの改善のための訓練をします。

当院では口腔機能発達不全症の診断から、改善のためのMFTまで行っております。
気になる方は、お気軽にご相談ください。

MFTを活用して、歯並びを改善させるのがプレオルソです。

お子様の歯並びが気になる方へ

当院ではプレオルソを扱っています。

プレオルソとは…現役の歯科医師(矯正専門)が開発した取り外しの出来る「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。

こんな効果が期待できます
● 歯ならびの改善
● 口呼吸を鼻呼吸へ
● 受け口や出っ歯の改善
● お口ポカンの改善
● 咬み合わせの改善
● 発音や飲み込みかたの改善


プレオルソ

プレオルソ